イチロー 13試合でストップ、8月打率は.293

[ 2011年9月1日 14:15 ]

エンゼルス戦の1回、左飛に倒れるマリナーズのイチロー

マリナーズ2―1エンゼルス

 マリナーズのイチロー外野手は31日、シアトルでのエンゼルス戦に「1番・指名打者」で出場し、4打数無安打。内容は左飛、空振り三振、遊ゴロ、左飛で打率は2割7分3厘。チームは2―1で勝った。

 イチローが8月17日から続けていた連続試合安打は13で止まった。積極的な仕掛けは前日までと同じだったが、この日はエンゼルスの本格派右腕ハレンの制球が上回った。

 3回の第2打席では、内角低めへの速球で空振り三振に仕留められた。惜しかったのは6回の3打席目。外角の速球を流し打ったが、遊撃手の強肩を生かした送球でアウトに。

 8月の打率は2割9分3厘で、4月に次ぐ高さだった。11年連続の200安打まであと46本で臨むレギュラーシーズン最後の月でも、8月後半の勢いを維持したいところだ。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月1日のニュース