3年ぶりに一塁で先発も…4番・新井がブレーキ

[ 2011年9月1日 06:00 ]

<中・神>1回、投併殺に倒れガックリの新井

セ・リーグ 阪神1-4中日

(8月31日 ナゴヤD)
 阪神はわずか5安打で4番もブレーキ。今季初の5連勝を逃した。

 難敵チェンを攻略する機会はいきなり訪れた。初回無死一、三塁とし、鳥谷の犠飛で先制した。だが、畳み掛けるチャンスで新井は最悪の投ゴロ併殺打。2回以降は三塁を踏めなかった。3年ぶりに一塁で先発した新井は、第2打席以降も走者を置いた場面で凡退を重ねた。6回は2死二塁から中前に抜けそうな打球を井端の好守に阻まれ「紙一重はいらん」と唇をかんだ。苦しむ主砲に、真弓監督は「一塁へいったからといって負担が軽くなるわけでもないからな」と言葉を濁した。

 ▼阪神・能見(7回途中4失点で8敗目)フォークボールを見極められると苦しい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月1日のニュース