青木のミスが命取り…ヤクルト5連敗で首位の座危うく

[ 2011年9月1日 06:00 ]

<ヤ・広>6回、一走青木が川端の三塁内野安打で二塁を周るもオーバーランしアウトに

セ・リーグ ヤクルト2-10広島

(8月31日 神宮)
 ヤクルトは大敗を喫し、今季3度目の5連敗。

 8月は7勝15敗3分けと大きく負け越した。青木がブレーキ役になった。1点を追う3回1死二、三塁の打席で三直。そのまま三塁を踏まれて併殺となった。鋭い当たりではあったが、小川監督は「相手の三塁手は前に出ていたが、他は後ろに下がっていた。状況も考えて打席に立つべき」。また、6回には1死から川端の三塁への高いバウンドの打球で、一塁から一気に三塁を狙おうとしたが、二、三塁間に挟まれて憤死。青木は「流れが悪かったので変えたかったが、裏目に出た。きょうですべて(悪い点が)出たと思って、切り替えていきたい」と話した。

 ▼ヤクルト・宮本(チーム5連敗に)あとは気合。駄目だと思ったら終わり。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月1日のニュース