37歳テハダに“戦力外通告” 40人枠から外れる

[ 2011年9月1日 09:27 ]

 ワールドシリーズ連覇を狙う米大リーグのジャイアンツは8月31日、37歳のテハダと34歳のローワンドの2選手をベンチ入りが可能な40人枠から外した。事実上の戦力外通告に相当する。

 アスレチックス時代の2002年にア・リーグのMVPに輝いた内野手のテハダは今季、91試合に出場して打率2割3分9厘、4本塁打、26打点。2005年に井口(ロッテ)らとともにホワイトソックスのワールドシリーズ制覇に貢献した外野手のローワンドは108試合の出場で、打率2割3分3厘、4本塁打、21打点だった。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月1日のニュース