ハマのギャオス内藤、自身初!今季セ初!満塁弾

[ 2011年6月29日 06:00 ]

<横・中>3回1死満塁、左越え満塁弾を放つ横浜・内藤

セ・リーグ 横浜14-5中日

(6月28日 横浜)
 ハマのギャオスが3安打6打点と大暴れした。横浜は3回に1点リードしてなお1死満塁で、内藤が6年目で初のグランドスラムを左翼席へ運んだ。今季セ・リーグでも初の満塁弾に「先輩たちがつないでくれて意気に感じた。フェンス直撃と思ったけど三塁塁審が手を回していて」

 左腕・川井の140キロ直球をライナーで運んだ。ここまで相手が左投手だと先発起用がなかったが、尾花監督は「(理由は)言えないが、自信を持って使った」。采配は的中。指揮官の心意気に応えてみせた。グラブに元ヤクルトのギャオス内藤氏(野球評論家)の「ギャオス」を刺しゅうする生真面目な男に指揮官も「レギュラーも近いね」と持ち上げた。今季ともにチーム最多の18安打14得点。背番号39は「練習の時以上のものが出た」と最後まで声を弾ませていた。

 ▼横浜・ゴンザレス(5回8安打4失点の新外国人が初先発初勝利)興奮している。多くのストライクを投げるように心掛けた。(チーム史上4人目の助っ人初先発初勝利)そういう結果になって凄くうれしい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年6月29日のニュース