イチロー、芸術的プレー連発も勝利につながらず

[ 2011年6月29日 06:00 ]

<マリナーズ・ブレーブス>3回、中前打を放つマリナーズのイチロー

インターリーグ ブレーブス3―1マリナーズ 

(6月27日 シアトル)
 マリナーズ・イチローは3回にビーチーの83マイル(約134キロ)の外角低めチェンジアップを左手一本で振り払うように一、二塁間を破り、2試合連続安打とした。

 だが同点の5回2死三塁では空振り三振。今季4度目の1試合2三振も記録した。守備では9回に低いライナーを正座してキャッチする好守を見せたが勝利には結びつかず。ここ5試合で打率・177と貧打が深刻なチームは5安打1点に終わり先発ビダードを見殺しにした。借金1の3位転落にエリク・ウェッジ監督は「打線が全く機能しない。きょうは特に失望感があった」と肩を落とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年6月29日のニュース