イチロー6位→7位に後退 松井は圏外

[ 2011年6月29日 09:29 ]

 米大リーグは28日、オールスター戦(7月12日・フェニックス)のファン投票ア・リーグ第5回中間結果を発表し、11年連続出場が懸かるイチロー(マリナーズ)は191万2062票で前回の外野手6位から7位に後退した。松井(アスレチックス)は指名打者の5位までに入らなかった。中間結果の公表は今回が最後で、最終結果は7月3日に発表される。

 外野手の1位はバティスタ(ブルージェイズ)の526万3840票で、全体でもトップだった。458万2419票のグランダーソン(ヤンキース)、317万3千票のハミルトン(レンジャーズ)が2、3位に続き、以下エルズベリー、クロフォード(ともにレッドソックス)、クルーズ(レンジャーズ)が4~6位となっている。

 オールスター戦はファン選出の野手(外野手は3人)が先発出場し、投手は対象外。一塁手はゴンザレス(レッドソックス)がトップで、三塁手のロドリゲス、遊撃手のジーターらヤンキース勢が四つのポジションで1位を占めた。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年6月29日のニュース