NTT東日本・福井、無四球完封で3年連続決めた

[ 2011年6月29日 06:00 ]

東京第2代表を勝ち取り、ナインに胴上げされるNTT東日本・垣野監督

都市対抗野球・東京第2代表決定戦 NTT東日本5-0セガサミー

(6月28日 神宮)
 NTT東日本・福井が無四球完封でチームを3年連続出場に導いた。「自分で(出場を)決めてやろうと思っていた」という右腕は丁寧に低めを突き最後まで危なげなかった。

 東日本大震災で被災した社員や復興に尽力する多数の社員を「京セラドームに連れていって元気づけたい」という社内の声に応えての進撃。垣野多鶴監督は「勝てて良かった。本大会まで時間があるし5勝(優勝)するために鍛え直す」と早くも本番を見据えていた。

 <セガサミー、過酷日程も「何とか」>セガサミーは打線が4安打と振るわず、2年ぶりの出場はお預け。西詰嘉明監督は「力負け。切り替えて、あした(29日)勝つしかない」と声を絞り出した。29日は東京ガスとの第3代表決定戦。3連戦と過酷な日程で負ければ関東代表決定戦に回る。東京ガスには27日の対戦で快勝しているだけに、同監督は「何とか東京の代表になりたい」と前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年6月29日のニュース