初黒星の斎藤、再調整へ…梨田監督「一度外そうと思う」

[ 2011年6月29日 22:09 ]

パ・リーグ 日本ハム1―4ロッテ

(6月29日 札幌ドーム)
 左脇腹を痛めて離脱していた日本ハムの斎藤が5月8日以来の登板を果たしたが、7回4失点でプロ初黒星。「勝てる投球が一番。けが明けで何としても勝ちたい思いはあった」と静かに話した。

 5回以外は散発の3安打。走者を背負ってからの投球に課題があった。梨田監督は「手応えは十分あるが、一度外そうと思う」と出場登録から外し、再調整させることを決めた。プロ最長の7回を投げたことで斎藤は「自分なりの成長はできた」と前向きな言葉を口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年6月29日のニュース