×

ヤクルト打線、苦手グライシンガー2年ぶり攻略

[ 2011年6月29日 06:00 ]

<巨・ヤ>9回2死二、三塁、田中浩の適時打で生還した青木(中央)を出迎える七条(右から2人目)らヤクルトベンチ

セ・リーグ ヤクルト4-1巨人

(6月28日 郡山)
 ヤクルト打線が苦手のグライシンガーに09年6月27日(東京D)以来2年ぶりの黒星をつけた。

 2回は川端が直球を左前へ運び、右大腿筋挫傷から復帰後初安打&打点で先制。「狙っていた。引っ張って正面の打球が多かったが、これからも続けたい」と話した。2―1の9回は田中の左前2点打で勝負あり。2回は自らの失策が失点につながっていただけに「(七条に)粘ってくれてありがとうと言いたい」と感謝していた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2011年6月29日のニュース