今年は大量生産!青木 テーマは“我慢”

[ 2010年3月7日 18:01 ]

3回ヤクルト1死三塁、青木が中前に適時打を放つ

 【ヤクルト4-0日本ハム】ファウルにもヤクルト・青木が今季目指す打撃の型が表れていた。六回、初対戦の新外国人右腕ウルフに2球で追い込まれたが、そこから5球も粘った。

 特に4球目の高めの速球にはバットのヘッドを返さず、左翼線にライナーでファウルに。あわよくば長打、そうでなくても邪飛にならない打撃で、確実に相手に球数を費やさせた。8球目、根負けさせたように速球を中前打とした。
 これと同じくこの日の3安打はすべて2ストライクから。追い込まれていても、そう見えない打撃を連発し「ヒットゾーンに飛んでくれた。うまく打ててよかった」と内容と結果が伴った3打席に納得顔だった。
 昨季前半の極度の不振時はヘッドの返りが早く、二ゴロが多かった。プロで初めて味わったスランプを糧に、今季はヘッドの返しを我慢することがテーマだ。
 ここまで打球は中堅から左翼方向に集中している。空振りは極端に減り、三振もゼロ。「逆方向(の打撃)は大事。(実戦の)数をこなせば問題なく(シーズンに)入れる」。自信に満ちた表情に、早くも本番での安打量産の気配が漂った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2010年3月7日のニュース