特大弾!ソフトバンク新助っ人が本領発揮

[ 2010年3月7日 15:57 ]

7回ソフトバンク2死二塁、李ボムホが中越えに2ランを放つ

 【ソフトバンク5-7巨人】ソフトバンクの新外国人、イ・ボムホが来日初本塁打を放った。7回、2死二塁で小林雅の真ん中のボールを強振した打球は中堅左に飛び込む打った瞬間それと分かる一発となった。バックスクリーン左へ豪快な一発。新外国人にオープン戦1号が出た。

 この日も前の2打席は連続三振と全く精彩がなかったが、ここ一番の勝負強さはやはり光るものがある。松中が本調子ではなく、小久保もスランプから脱していない状況で、かかる期待は大きい。

 秋山監督が「いい押し込みだった」と評価したライナー性の強い打球を心掛ける。「本塁打は意識してない。いい打球を打つつもり」。一発より、勝負強さが持ち味だ。

 ベンチに戻ればすぐにメモをとる。投手の特徴、勝負球…。行動をともにすることの多い同い年の川崎は「聞いてくるし、すごく研究熱心」と語り、コーチからは「実戦向き」の声が聞こえる。「新しいところに来て、自分が適応していかないと」とイ・ボムホ。シーズンに向け、上積みはまだまだある。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2010年3月7日のニュース