銀仁朗が負傷退場「軽症を祈るしかない」

[ 2010年3月7日 18:03 ]

5回表終了後、背負われて退場する西武の銀仁朗

 【西武1-0阪神】西武の銀仁朗が左ひざを痛め、負傷退場した。

 五回2死から遊ゴロに倒れ、一塁手にタッチされた直後に体勢を崩し、そのままうずくまった。歩けずにスタッフに背負われて退場。試合中に倉敷市内の病院へ直行し、渡辺監督は「心配は心配。軽症を祈るしかない」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2010年3月7日のニュース