金子 抜群の安定感!開幕投手ほぼ確実

[ 2010年3月7日 18:27 ]

 【オリックス5-0中日】オリックスの金子が貫禄たっぷりの投球を見せた。5回を投げて散発の3安打。三塁を踏ませなかった。

 140キロを超える球は少なかったが、切れのいい変化球を内外角に散らした。二回にはブランコ、和田の4、5番を連続で空振り三振。最初の2球で簡単に追い込み、最後はスライダー、カットボールを振らせた。「変化球は狙ったところに投げられて、空振りも取れた。しっかり腕が振れている」と納得の表情だった。

 オープン戦計8イニングを投げてまだ失点はない。抜群の安定感に、清川投手コーチは「球数を増やしたり、いろいろ試しながら投げているのに、さすが」と舌を巻く。

 本人は「あまり気にしていない」とさらりと口にしたが、2年ぶりの開幕投手を委ねられるのは、ほぼ間違いないだろう。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2010年3月7日のニュース