日本ハムの移籍右腕好投も“崖っ縁”「見限られたら終わり」

[ 2010年3月7日 09:27 ]

好投した本ハム2番手・松家

 【日本ハム3-0ヤクルト】横浜から移籍した松家がダルビッシュの後を受けた7回に登板。1回打者3人を無安打、そのうち得意のフォークで2三振を奪う好投を見せた。初の札幌ドームに加え、先制直後とあって「リードをキープしたかった」と松家。これでキャンプ中の練習試合を含め4試合連続無失点と開幕1軍へアピールを続けている。移籍初年度だけに「最初のイメージが大事。見限られたら終わり」。常に“崖っ縁”の気持ちで結果を求め続ける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2010年3月7日のニュース