五十嵐、同点被弾も手応え十分「全然いい」「満足」

[ 2010年3月7日 06:00 ]

 【メッツ3-4マーリンズ】2度目の登板だったメッツ・五十嵐は同点本塁打を許した。

 6回を無失点に抑えた後、1点リードの7回にボニファシオに変化球を被弾。だが、許した安打はこの1本だけで、予定通り2回を投げた。五十嵐は「うまく打たれた」と話す一方で「前回よりも全然いい。ピッチングになっていたと思う。非常に満足」。ワーセン投手コーチも「前回に比べて制球も球威も良くなっている。順調な調整ができている」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2010年3月7日のニュース