城島 復帰後初OP戦に走行守で上々発進

[ 2010年3月4日 06:00 ]

<日・神>1回、左中間へヒットを放つ城島

 【阪神3-6日本ハム】阪神の城島が「4番・捕手」でオープン戦に初出場し、上々の動きを披露した。

 初回1死一塁で内角直球を左前に運ぶと、三塁に進んだ鳥谷を見てすかさず二塁へ。タッチアウトとなったが積極的な走塁を見せた。リード面では外国人2投手を4回まで無失点でリード。「(先発の)フォッサムは0点に抑えたからいいんじゃないですかね。メッセンジャーとはメジャーでも組んでますから」と振り返ったが、真弓監督は「うまく城島がリードしてくれてるんで安心でしょう」と信頼を口にした。

 それでも本人はやや不満げ。3回1死満塁の絶好機では二飛に凡退し、2回には糸井に盗塁も許した。「弱肩と書いてください」と自虐的に言ったが、攻守において存在感はやはり別格だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2010年3月4日のニュース