松井秀 自著でおのろけ話を初披露!?

[ 2010年3月4日 06:00 ]

エンゼルス・オーナーのモレノ氏と談笑するエンゼルス・松井

 おのろけ話を初披露?エンゼルスの松井が17日に著書第2弾「信念を貫く」(新潮新書)を出版する。07年2月に出版した前作「不動心」(同)はスポーツ選手の著書としては史上最多の33万部の売り上げを記録。松井は「男性も女性もいろんな方々に読んでいただけたらうれしい。結婚秘話もちょびっと入っています」とPRした。

 前作は06年の左手首骨折を乗り越えたメンタル面を中心につづり、自己啓発書として若い会社員らに受け入れられた。今回は07年以降の両ひざ手術、エ軍移籍、結婚の際の心のあり方を告白。新潮社の担当者は「通常、スポーツの本は1万部も売れれば当たり。前作よりもいい内容なので背番号と同じくらい55万部くらいになってくれれば」と期待した。

 この日、松井は今キャンプで初めてシートノックに参加し、打球処理後の中継プレーや本塁送球などの動きを確認した。「あのくらいの動きなら大丈夫」とした一方で、実戦出場には「まだ全力で走っていない。最低でもベースランニングができるようになってから」と慎重。ソーシア監督は「木曜日(4日)に様子を見て決めたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2010年3月4日のニュース