カブレラ球審判定に不満「ナメトンカ!」

[ 2010年3月4日 06:00 ]

カブレラはケース打撃で泳がされながらも本塁打を放つ

 左ふくらはぎの張りで別メニュー調整が続いていたオリックスのカブレラが、ケース打撃で今季初実戦に臨み、3打席目にレスターから左越え本塁打を放った。

 だが、第1打席で木佐貫の外角球に見逃し三振に倒れた際には「ナメトンカ!アンパイア、チェンジ。オネガイシマス」と判定に不満の声。鈴木球審は「シーズン中なら警告。それが重なれば退場になる」とし、本人は「(審判に)ちゃんと見てくださいねということを言っているだけ」と弁明していた。

 ≪香月開幕1軍だ≫春季キャンプは2軍スタートだったオリックスの香月の開幕1軍が決定的となった。初登板したケース打撃で快投。打者10人を相手に被安打はわずかに2本だ。前打席で本塁打を記録した田口に対しては外角へのスライダーで空振り三振。不安視される中継ぎ陣の中で安定した投球を披露した。岡田監督も「(2軍キャンプでも)一番きちっと投げ分けていた」と高評価。またレスターも順調な調整ぶり披露した。徐々に中継ぎ陣も安定感を取り戻してきた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2010年3月4日のニュース