虎のルーキー“アイタタ”な守備のミス…

[ 2010年3月4日 09:14 ]

 【阪神3―6日本ハム】阪神の藤川俊が3日の日本ハム戦、守備で手痛いミスを犯した。6回2死一塁で加藤政の打球は左飛かと思われたが、藤川俊の構えたグラブの上を越え、一塁走者は悠々本塁を踏んだ。記録上は二塁打も「追いついていたんですが、打球の真下に入りすぎた。僕の判断ミスです」と唇をかんだ。外野のバックアップとして期待がかかるだけに、山脇守備走塁コーチも「後ろの(に下がって捕球する)打球が藤川の課題。しっかり練習しないといけない」と反省を促していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2010年3月4日のニュース