「首を振れ」目で合図…筒井、城島に感心しきり

[ 2010年3月4日 22:00 ]

 【阪神4―1日本ハム】阪神2番手の筒井は、バッテリーを組んだ城島に感心しきりだった。

 五回2死走者なしで迎えた打者は大野。3球チェンジアップを続けた後「配球は全部任せようと思った」という筒井が首を振った。左腕は試合後「サインが出なかった。目が首を振れと言っていると思った」。同じ球を続けるのを嫌ったと見せ掛けるトリックを笑顔で打ち明けた。結局チェンジアップを5球続けて空振り三振に。城島は「もう1球いけるかなと思った」と事もなげに言った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2010年3月4日のニュース