目標いっぱいの憲伸「臨機応変にいきたい」

[ 2010年3月4日 09:31 ]

 4日に初登板するブレーブスの川上憲伸は「失点、四球、安打を少なくしたい。不安要素をなるべく減らしたい」。この日は投球せずに練習を切り上げた。

 テークバックを小さくした新しい投球フォームは「コンパクトにした分、ためが一つ足りない。体が突っ込み気味になる」と感じている。実戦では「これでいくというのではなく、臨機応変にいきたい」と強調した。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2010年3月4日のニュース