代打じゃもったいない!筒香に外野兼任プラン

[ 2010年3月4日 06:00 ]

<ロ・横>試合前、守備練習へ向かう筒香

 横浜のドラフト1位・筒香が外野に挑戦することになった。紅白戦を含めた実戦で新人離れした打撃センスを発揮したことで、2日のミーティングで尾花監督が提案し、コーチ陣も賛同した。

 本職の三塁には不動の4番・村田がおり、現状では先発の可能性はない。そこで浮上したのが外野兼任プラン。50メートル6秒3の脚力を考慮し、島田ヘッドコーチは「代打じゃもったいない。4打席立たせたい」と明かした。この日の試合前練習では初めて右翼の守備位置に就き、約20分間、飛球を追った筒香は「外野も練習します。感覚をつかまないと」と出場機会を増やすために必死。試合展開次第で吉村を中堅に回し、筒香を右翼に入れれば打線に厚みは増すだけに、島田ヘッドは「まだ慣れていないけど、今後も外野を守らせていく」と明言した。

 試合は、4回の守備から途中出場も2打席2三振に「頭の整理ができていなかった」と天を仰いだ。外野兼任プランもまずは開幕1軍に残ることが大前提。5日からの九州3連戦ではソフトバンク・和田、楽天・岩隈、田中と一線級と対戦する可能性があり、筒香の真価が問われる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2010年3月4日のニュース