センバツ 同一都道府県校は決勝まで対戦せず

[ 2010年3月4日 06:00 ]

 日本高校野球連盟は3日、大阪市内で第82回選抜高校野球大会(21日から12日間、甲子園)の運営委員会を開き、甲子園練習の日程と組み合わせ抽選方法を決定した。

 練習は全32校が17、18日に行う。今大会注目の東海大相模・一二三慎太投手(2年)は18日に登場する。13日の抽選会では同一地区同士は準々決勝まで、同一都道府県同士は決勝戦まで対戦しないように振り分けられる。選手宣誓は主将全員による抽選によって決まる。なお、開閉会式の司会、君が代独唱は高校生が行い、入場行進でのプラカードは各校の生徒代表が担当する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2010年3月4日のニュース