前田智が代打で三振…野村監督は“期待”

[ 2010年3月4日 19:25 ]

 【広島7―5西武】故障のため昨季1度も1軍での試合出場がなかった広島の前田智が代打で出場した。久々の実戦にこの日一番の声援を浴びたものの、141キロの直球に対し、振り遅れ気味に空振り三振に倒れた。

 ブランクの影響は隠せなかったが、代打の切り札としてチームには欠かせない。前田智は「何もないです」と言葉少なだったが、野村監督は「マツダスタジアムで初の打席だったし、ファンの声援をどう感じるか。調整してきてくれると思う」と期待した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2010年3月4日のニュース