イチロー“相棒”は3年計223盗塁の両打ち男

[ 2010年1月29日 11:02 ]

 マリナーズのワカマツ監督は28日、シアトルで記者会見し、今季もイチローを1番で起用、新加入の快速内野手フィギンズは2番に置く方針を明らかにした。昨季までの3年間で合計223盗塁をしたスピード、経験とも十分な1、2番コンビがチームを引っ張ることになる。

 マリナーズは昨年12月、4年契約でエンゼルスからフィギンズを獲得。イチローと合わせリーグ屈指のリードオフマン2人がそろい、組み合わせ方が注目されていた。ワカマツ監督は「イチロー本人が『違う打順を』と願い出てきた場合をのぞいて基本的にイチローが1番。彼は史上最高のリードオフマンの1人」と話した。
 2番のフィギンズは両打ち。オープン戦で試験的に1、2番を入れ替える考えについても、同監督は「選手の了解なしで行うことはない」と述べた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年1月29日のニュース