21世紀枠 部員18人で初の甲子園

[ 2010年1月29日 17:55 ]

21世紀枠で選抜高校野球初出場を決め、喜ぶ川島の選手たち

 【第82回選抜】川島は21世紀枠で春夏を通じて初の甲子園出場となった。わずか18人の部員は、学校周辺のごみ拾いにも積極的に取り組んでいる。少子化や部員数の減少に悩む学校の励みとなることが評価された。

 狭いグラウンドを中学校と共用。藤畠主将は「効率よく練習している。声も掛け合えるので(狭いのは)苦にならない」と一体感を強調した。
 昨秋の四国大会では準々決勝に進出した。北谷監督は「秋の大会で打てていないので、(開幕までの)残り2カ月で打力を鍛えたい」と気を引き締めていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年1月29日のニュース