30度目出場の中京大中京 夏春連覇に挑戦

[ 2010年1月29日 18:08 ]

選抜高校野球出場が決まり喜ぶ中京大中京の選手たち

 【第82回選抜】昨夏の甲子園大会を制した中京大中京は3年連続30度目の出場となった。史上5校目の夏春連覇に挑む大藤監督は「大それたことを考えずに、しっかりした野球をやりたい」と気を引き締めていた。

 昨秋の東海大会では準優勝。前チームの大黒柱でプロ野球広島から指名された堂林のような、超高校級の選手はいないが、全国制覇を経験したバッテリーの存在がチームの強みだ。捕手の磯村主将は「去年と違い責任感が重い分、勝ったときの達成感も大きい」と意気込む。エースの森本は「久しぶりの甲子園。あの雰囲気を味わうのが楽しみ」と大舞台が待ち切れないようだった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年1月29日のニュース