昨夏2発男、帝京のスラッガーが好投手打ち崩す

[ 2010年1月29日 15:35 ]

鋭いスイングが持ち味の帝京・岡部

 一二三ら好投手を迎え撃つ好打者もセンバツ切符を心待ちにする。帝京の4番、岡部は元投手の強じんな足腰を生かして鋭い打球を放つスラッガー。強打が売りのチームの中心として昨秋都大会優勝に貢献した。また、昨夏甲子園で2本塁打を放った中京大中京・磯村も成長著しい。東海大会準優勝でセンバツ切符は当確。夏春連覇を狙いスケールアップして甲子園に戻ってくることになりそうだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年1月29日のニュース