中学日本一バッテリー擁する嘉手納に注目

[ 2010年1月29日 16:01 ]

神宮大会で力投する嘉手納の池原

 大会史上初の沖縄勢2校選出が濃厚だ。興南とともに聖地の切符をほぼ手中にしているのは昨秋の九州大会で初出場で一気に頂点に駆け上がった嘉手納。嘉手納中時代に全国を制した池原―真謝(まじゃ)のバッテリーを中心とした伸び伸び野球は注目だ。そのほかの九州勢は、同大会準優勝の古豪・宮崎工(宮崎)、4強の自由ケ丘(福岡)が有力。4校中、興南以外の3校は初出場とフレッシュな顔ぶれになりそうだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年1月29日のニュース