21世紀枠で古豪復活!選抜高校野球出場校決まる 

[ 2010年1月29日 15:05 ]

21世紀枠での選抜高校野球出場が決まり、ガッツポーズの向陽の選手たち

 3月21日に開幕する第82回選抜高校野球大会(甲子園)の出場32校を決める選考委員会が29日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社で開かれ、沖縄から大会初の2校選出となる嘉手納と興南が選ばれた。嘉手納は春夏通じて初の甲子園。興南は春は2年連続4度目の出場。

 21世紀枠は山形中央(山形)向陽(和歌山)川島(徳島)の3校。山形中央と川島は春夏通じて初、向陽は春36年ぶり15度目の出場となる。山形中央は昨秋の東北大会で8強入りした実力のほか、地域密着の活動をしている点が高評価。旧制の海草中時代に甲子園大会で活躍した向陽は文武両道を追求する姿が、川島は部員が18人しかいない困難な状況を克服した点が評価された。
 一般選考では夏春連覇を狙う中京大中京(愛知)や春3度優勝の広陵(広島)などが選ばれた。初出場は東海大望洋(千葉)宮崎工(宮崎)など6校。組み合わせ抽選会は3月13日に行われる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年1月29日のニュース