野村監督「決戦になる」!楽天2位に1ゲーム差

[ 2009年9月23日 16:33 ]

 【楽天4-1オリックス】初の大舞台を仙台で戦うことができるか。楽天がオリックスを退け、2位ソフトバンクに1ゲーム差と迫った。2位以内に入れば、クライマックスシリーズを地元で開催できる。ここ5カードで11勝4敗と上昇気流に乗る“ワシ”が、ぴたりと“タカ”の背後につけた。

 1―0で迎えた四回の攻防で勝利をたぐり寄せた。表の1死二、三塁のピンチでは、中飛でタッチアップした三塁走者を中継で刺して併殺。捕手の中谷が体を張ったブロックで走者を止めた。直後の攻撃では下位打線の3連打で満塁とし、1番の中村真が中越えに2点二塁打を放った。
 中谷は打撃でも2安打を放ち、得点に絡んだ。攻守に貢献した脇役は「みんな自分の仕事が見えている。目の前の試合を全員で取りにいっている」と充実感を語る。
 25日からは、首位日本ハムに3連勝した4位西武と敵地で対戦。その後はソフトバンク戦も控えている。「大変な決戦になってきた。この3連戦がすべて」。野村監督の鼻息も荒くなってきた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2009年9月23日のニュース