ヤクルト“戦力外”が7年ぶり完投 “伏兵”が貴重な一撃

[ 2009年9月23日 14:15 ]

7年ぶりの完投で5勝目を挙げ、相川と喜ぶヤクルト・ユウキ(右)

 【ヤクルト4-1広島】ヤクルトが戦力外通告からトライアウトを経て入団したユウキが4安打1失点で7年ぶり完投勝利を収め、ヤクルトが単独4位に浮上した。

 4回ヤクルトは広島栗原の三塁悪送球で無安打で1点を先制。1-0のまま迎えた9回にヤクルトはこの試合でプロ初安打を放った伏兵・鬼崎の左越え2点二塁打で試合を決めた。広島は3回、2死一、三塁の好機を作ったが、赤松が中飛に倒れ、連敗で5位に転落。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2009年9月23日のニュース