投打に精彩欠いた…阪神8月以来の3連敗

[ 2009年9月20日 06:00 ]

 【阪神3―4広島】阪神は1点を追う9回、藤川が志願して登板。

 守護神が一戦に懸ける思いを体現したが、チームは8月11日以来の3連敗だ。今季初登板の上園がピリッとせず、6回途中3失点で降板。7回は江草が勝ち越し点を与えた。打線は8回1死一、二塁で新井が併殺打。9回無死一塁では桜井がバントを失敗した。ソロ3発だけの得点に真弓監督は「全部、ソロじゃね」と効率の悪い攻めに苦笑した。5位広島によもやの連敗。指揮官は「(連敗を)引きずらないように、頑張ります」と努めて明るく振る舞った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2009年9月20日のニュース