先頭からズルズル…唐川 5失点で7敗目

[ 2009年9月20日 06:00 ]

 【ロッテ4―10楽天】先発・唐川が崩れたのは、同点となった直後の6回だ。山崎武の二塁打からピンチを広げ、無死満塁として降板。5失点で7敗目。楽天戦はプロ2年目で初黒星となった。

 「先頭打者に出塁を許して、そこからズルズルいってしまったのが悔しい」。変化球の制球に苦しみ、山崎武にはフルカウントから甘く入った141キロ直球を痛打されたが「右打者の内角に投げきれなかった」と悔やんだ。2番手以降の川崎、伊藤も悪い流れを止められず、暴投や失策も絡んで6回は被安打4ながら8失点。対楽天戦も7連敗となり、バレンタイン監督も「あした連敗を止めないと」と力なく話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2009年9月20日のニュース