8連敗はゴメン!ロッテ、執念の攻撃

[ 2009年9月20日 15:30 ]

 楽天戦7連敗のロッテは、8連敗を阻止すべく打線が必死に楽天先発のラズナーを攻略した。

 4回同点の二塁打を放った大松は「うまく粘ることができた。相手投手がリズムよく投げていたので、最初のチャンスでしっかりとものにできてよかった」と12試合連続安打、21試合連続出塁の好調ぶりを発揮。逆転打の早坂は「毎日、もうその日は二度と来ないという気持ちでプレーしている」と執念の一打を強調すれば、追加点の2点適時打の福浦は「同じプロとしてこれ以上負けるわけにはいかない。きょうはチーム一丸となって意地でも勝たないといけない」と語気を強めていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2009年9月20日のニュース