松井稼、昨季に並んだ

[ 2009年9月20日 11:48 ]

 アストロズの松井稼頭央内野手は19日、ミルウォーキーでのブルワーズ戦に「2番・二塁」で出場し、4打数1安打。八回の守備から退いた。内容は二ゴロ、右越え二塁打、左飛、空振り三振で打率は2割5分2厘。チームは2―7で敗れた。

 アストロズは6連敗したが、松井稼は鋭い打撃を見せた。三回、右翼へ低い弾道の打球を放った。「観客席に入って跳ね返ってきたのかと思った」という一撃は本塁打に見えたが、打球はフェンス最上部に当たっていた。走るスピードを緩めていた松井稼は、再び全力疾走で二塁へ。
 2本塁打を含む4試合連続安打と好調が続く。昨季の安打数110に並び「試合に出ていられることが大きい」と話した。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2009年9月20日のニュース