楽天 CS初進出へ奮起!再点灯でM13

[ 2009年9月20日 06:00 ]

<楽・ロ>「Vサインを」のお願いに「まだ早い!」と胸を張って引き上げる野村克也監督

 【楽天10―4ロッテ】カメラマンの「Vサインを」の声に野村監督は「Vサイン?まだ早い!」と返した。でも思わずにやけてしまう。一度は消えたCSマジックが、1週間たって13で再点灯。指揮官の口からは思わず本音が飛び出した。

【試合結果
楽天グッズ


 「2、3日前まで19とか言ってなかった?1週間前か。それが13になった?減ったね。1ケタになるとスパートがかかる。5つか6つになると“近いな”となるな」
 過去6試合で4連敗中だった唐川を攻略した。同点の6回、山崎武の左翼線二塁打など2安打1死球で満塁としてKOした。代わった川崎から草野が勝ち越しの2点中前打。その後も手を緩めずこの回打者12人で8点を奪った。球団史上5度目の8得点以上でロッテ戦7連勝だ。「みんなが後ろにつなごうという気持ちでやっているので、いい攻撃ができる」と草野。今季チーム本塁打93本、総得点502点はリーグ最下位。得点は首位・日本ハムと100点以上も差がある。それでも堂々の3位。効果的に得点を勝利に結びつける、快進撃の要因の1つだ。
 ベンチでは6回の攻撃開始と同時に、3四球をきっかけに同点とされ降板した青山への説教が始まった。「怖いのか?ピッチャー辞めちまえ!」。前日の渡辺直へのカミナリに続き、この日は捕手陣も含めて5人を立たせて連日の公開説教。「ヤクルト時代はみんなもっと頻繁にベンチで怒られた。最近多いのは本気になってきたってことかな」とは元ヤクルトの橋上ヘッドコーチ。指揮官の“本気度”が伝わったのか、この回のビッグイニングで試合を決めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2009年9月20日のニュース