3位浮上どころか…散々な敗戦だった広島

[ 2009年9月20日 18:46 ]

 【広島2-14阪神】広島は勝てば3位浮上だった一戦で、頼みのルイスが3回5失点と期待を裏切った。

 2回までは完ぺきに抑え込んだが、リードをもらった直後の3回は別人のようになった。金本に勝ち越し3ランを浴びるなどこの回だけで6安打され、無念のKOとなった。
 ルイスには打ち取ったかに見えた打球が内野安打になるなど不運もあったものの、救援陣も悪い流れを止められず14失点。一方的な展開となっただけに、これからは気持ちの切り替えも重要になってくる。
 「コンディションは悪くなかった」とルイスは淡々と話し、敗戦を引きずっている様子はなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2009年9月20日のニュース