神様のおかげ?オリックス“伏兵”が勝ち越し3ラン

[ 2009年9月20日 17:59 ]

 【オリックス7-2日本ハム】最下位のオリックスは伏兵の一発で、首位の日本ハムを倒した。2―2の八回2死二塁で下山が敬遠されると、続く8番・山崎浩が左越えに3号3ランを放った。

 大石監督は「でかいのを狙うなといつも言ってるけど、いいところで打ちましたね」と笑顔。山崎浩は「本当にたまたまです。いつも練習してるから、野球の神様が見てくれているということでしょう」と値千金の一打を喜んだ。

 ▼オリックス・小松(先発で6回、被安打6失点1)「粘り強く投げることはできたと思いますが、もっとチームに貢献するピッチングがしたかったです」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2009年9月20日のニュース