ドロシー田沢、その後の“悲劇”

[ 2009年9月20日 08:00 ]

 新人恒例の仮装儀式「ルーキー・ラギング・デー」の洗礼を受けたレッドソックスの田沢が、その後の“悲劇”を明かした。遠征先のボルティモア到着後「(宿舎手前で)バスから降ろされてホテルまで歩かされた」という。

 人生初の女装が日本のメディアで大きく紹介されたため反響は大きく「友達からは勝った時よりもメールが多かった」と苦笑い。“本業”は4日以来登板がないが、この日首脳陣と今後について話し合い「準備はできている」と出番に備えていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2009年9月20日のニュース