岩村「不安なかった」復帰後初盗塁に手応え

[ 2009年9月20日 06:00 ]

 【レイズ11―4ブルージェイズ】レイズ・岩村が左ひざの故障から復帰後初の盗塁を決めた。

 4点リードの7回、安打で出塁し二盗を成功させると、捕手の悪送球の間に三塁へ。次打者の左飛で本塁を突いた際は、捕手のブロックをかいくぐって得点した。「足も動いていたし(走塁に)不安はなかった」と笑みを浮かべた。打っても2回には右中間二塁打を放つなど2安打。8月下旬に復帰後は、休養を挟みながらの出場が続くが「自信を持って打席に入れている」と調子の良さを実感している。プレーオフは絶望的となったが、闘志を前面に出したプレーに、マドン監督も「ケガをした選手は、精神面でのハードルを越えることが大事。いい走塁だった」とたたえた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2009年9月20日のニュース