フィギュアペア“りくりゅう”三浦、木原組 北京五輪団体戦で「日本の力になりたい」

[ 2021年12月28日 05:30 ]

11月のNHK杯ペア・ショートプログラムで、会心の演技を見せた三浦璃来、木原龍一組(撮影・小海途良幹)
Photo By スポニチ

 ペアで五輪出場が決まっている三浦、木原組は、団体戦での貢献を誓った。

 練習に励むカナダのトロントでオンライン取材に応じ、木原は「日本の力になりたい。団体戦には(日本に)素晴らしい選手がいるし、その力になれるように努力したい」と意気込んだ。

 初めて五輪に臨む三浦は「4年に1度、全選手が憧れる大きな舞台。そこで結果を残せたら幸せ」とイメージを膨らませた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2021年12月28日のニュース