×

中部大春日丘 「姫野2世」ロック物部 小学時代に相撲で愛知県内の大会3連覇の巨体ぶちかました

[ 2021年12月28日 05:30 ]

全国高校ラグビー1回戦   中部大春日丘33ー5日本航空石川 ( 2021年12月27日    花園ラグビー場 )

<中部大春日丘・日本航空石川>後半、力強いタックルで攻撃を食い止める中部大春日丘・物部(左)(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 <愛知・中部大春日丘>「姫野2世」こと、2年生ロック物部が器用さを見せた。1メートル91、119キロの巨体をぶちかました後に、オフロードパス(タックルを受けながらつなぐ)で継続。日本航空石川の低く粘り強い守りに手を焼いて「個人的にはイマイチだった」と言うものの、昨年よりも成長した姿を見せた。小学時代は相撲で愛知県内の大会を3連覇。「立ち合いがラグビーのコンタクトに似ている」と当たりの強さに自信を持つ。2回戦はBシード常翔学園。強敵にも真っ向からぶつかる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年12月28日のニュース