宇野 ケガ完治へ「不安要素なく調整するため」国内調整を継続 エキシビではムーンウオーク

[ 2021年12月28日 05:30 ]

エキシビション「メダリスト・オン・アイス」 ( 2021年12月26日 )

演技をする宇野昌磨(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 平昌銀メダルで2大会連続五輪に向かう宇野は「早く日常に戻り、(大会前に痛めた右)足を治して、早く練習したい」と語った。

 スイス拠点だが、新型コロナの影響で国内調整を続ける予定。「確実に不安要素なく調整するために日本が濃厚かなと考えています」と明かした。

 エキシビションではマイケル・ジャクソンの曲に合わせてムーンウオークを披露。「自分の成長過程を五輪で見せられたら」と大舞台を見据えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2021年12月28日のニュース