古賀稔彦さん次男・玄暉 悲しみ乗り越え初戦突破 柔道選抜体重別選手権

[ 2021年4月4日 10:21 ]

柔道全日本選抜体重別選手権最終日 ( 2021年4月4日    福岡国際センター )

柔道全日本体重別選手権の男子60キロ級1回戦で、福田大悟と対戦した古賀玄暉
Photo By スポニチ

 男子の全7階級が争われ、先月24日に53歳の若さで死去した92年バルセロナ五輪男子71キロ級金メダリストの古賀稔彦さんの次男、60キロ級の玄暉(22=旭化成)は、1回戦で福田大悟(鹿屋体大)に送り襟絞めで一本勝ちし、準決勝に駒を進めた。

 18年世界ジュニア選手権覇者の玄暉は、父と同じ日体大を先月卒業し、4月に実業団強豪の旭化成入り。3月は父の看病と稽古を同時並行でこなしながら、今大会に向けては「全ての力を出して、思い切った柔道をする」と誓っていた。

 全日本選抜体重別選手権は、父・稔彦さんが87~92年に71キロ級を、95年に78キロ級を、計7度制した大会。今年6月の世界選手権(ブダペスト)の最終選考会を兼ねる大舞台で、稔彦さんの手ほどきを受けた玄暉が悲しみを乗り越えて頂点を目指す。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月4日のニュース