渋野日向子 「鬼門」第2日も2位通過 “幸運のクロネコ”再会後にバーディー量産「もっとなでとけば」

[ 2020年11月28日 05:30 ]

女子ゴルフツアー ツアー選手権リコー杯第2日 ( 2020年11月27日    宮崎県 宮崎CC=6543ヤード、パー72 )

幸運を呼んだゴルフ場の黒ネコをあやす渋野日向子(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 渋野日向子(22=サントリー)は自ら「鬼門」と呼ぶ第2日も69と伸ばし、2位の好位置を維持。終盤で2つボギーを叩いたが「3アンダーで回れたと思うと、そんなに怒らなくていいかなって思います」と前向きに捉えた。

 2つ伸ばして迎えた6番パー4では第2打がカップをかすめて20センチに寄せてバーディーとし「凄く良かった」。18番ではボギーとしたが、今大会で初めて58度ではない52度のウエッジを使って転がしのアプローチ。「落としたいところには落とせた」と収穫も。

 実は朝に宮崎CCに棲み着く黒い猫をなでてスタートし、前半3バーディー。ハーフターンでも再び「幸運のクロネコ」と再会して10番から2連続バーディーを奪った。終盤の失速に「もうちょっとなでとけばよかった」と笑いながら「3つずつ伸ばすことを徹底したい」と決勝に向けて気合を入れていた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年11月28日のニュース