高橋大輔、フリーダンスへ修正点確認 村元哉中と午後5時59分登場

[ 2020年11月28日 12:40 ]

村元哉中(左)と高橋大輔
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ・NHK杯(大阪・東和薬品ラクタブドーム)は28日に男女フリー、アイスダンスのフリーダンスが行われる。アイスダンスデビュー戦でリズムダンス2位発進の村元哉中、高橋大輔組(関大KFSC)は、午後5時45分から始まるフリーダンスに向けて公式練習を行った。

 高橋はえんじ、村元はピンクの本番衣装で曲かけを行い、リフトやスピン、ステップを確認。2人が息を合わせて回転するツイズルでは少し乱れたため、曲かけ後はコーチも交えて話し合った。2人で手を取り合いながら積極的に話し合う場面が多く、2人で修正点を確認していた。

 2人の演技は午後5時59分からスタート。村元は「得点も気にせず、練習してきたことをお客さんの前で、リズムダンスとガラリと変わったクラシックバレエのラ・バヤデールのプログラムを滑れたら」と言い、高橋も「あまりいろんなことを考えすぎずに、練習してきたことを信じて今までの成果を発揮したい」と話す。時間をかけて作り上げたプログラムが、いよいよベールを脱ぐ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年11月28日のニュース