レイブンズ対スティーラーズ戦は再延期 感染者急増で混乱続くNFL 史上3回目の火曜日開催

[ 2020年11月28日 10:07 ]

10日間の検疫に入っているレイブンズのQBラマー・ジャクソン(AP)
Photo By AP

 NFLは26日から29日に延期していたレイブンズ対スティーラーズ戦(ペンシルベニア州ピッツバーグ)を、12月1日の火曜日に再延期。メリーランド州ボルティモアを本拠にしているレイブンズ(6勝4敗)では、昨季のシーズンMVPにも輝いたQBラマー・ジャクソン(23)を含む12選手が新型コロナウイルスの感染リストに入っているためで、NFLの試合が「火曜日開催」となるのは今季のビルズ対タイタンズ戦(10月13日=テネシー州ナッシュビル)と、吹雪で延期となった2010年12月28日のイーグルス対バイキングス戦(ペンシルベニア州フィラデルフィア)以来、史上3回目となる。

 またこの再延期を受けてNFLは12月3日に予定されていたレイブンズ対カウボーイズ戦(ボルティモア)を12月3日から7日に変更した。

 検査で陽性反応を示したジャクソンは10日間の検疫が必要となっているために、再延期となってもスティーラーズ戦に出場することは不可能。このため控えのロバート・グリフィン3世(30)が先発することになるが、レイブンズは感染拡大の影響を受けて練習施設を閉鎖しており、今季10戦全勝のスティーラーズ戦は圧倒的に不利な状況下でキックオフを迎えることになりそうだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年11月28日のニュース