若隆景 V争い脱落 大学の先輩御嶽海に攻め通じず「中途半端になってしまった」

[ 2020年9月27日 05:30 ]

大相撲秋場所14日目 ( 2020年9月26日    両国国技館 )

優勝争い脱落4敗…御嶽海(上)に下手投げで敗れる若隆景(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 若隆景は得意の右四つから御嶽海を攻めたが残され、相手の寄りを2度こらえたものの、最後は下手投げに屈した。

 相手は東洋大の先輩。初顔合わせで出足を生かした攻めが通じず、「(まわしを取って)どうしようと。中途半端になってしまった」と反省の弁を繰り返した。4敗に後退して優勝圏外となったが「緊張感はいつも通り。明日(千秋楽)もまた一番あるので、そこへ気持ちを持って行きたい」と必死に切り替えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月27日のニュース